2015-2019 年 7.2% の CAGR で上昇する車載ディスプレイ パネルの世界出荷

- Sep 13, 2016 -

車で表示パネルの使用が高まって、車載ディスプレイ パネルの世界出荷は 2019 年までに 7.2% の CAGR に相当 2015 に 2 億 700 万単位で 1 億 5700 万パネルから増加.

車載用ディスプレイから成っている CID (中央の情報が表示されます)、バックミラー表示、後部座席エンターテイメント表示およびヘッドアップ ディスプレイ、ダッシュ ボードが表示されます。

CID は、10 インチ フル HD に 7-8 インチ WVGA (840 で 480) または wxga 液晶 (1280 720) からシフト主流の仕様と車載ディスプレイの出荷の最大の部分を占めています。

大きいサイズの需要より高い解像度との省電力 (低温ポリシリコン) 低温ポリシリコン TFT 液晶や IGZO TFT-LCD パネルは、アモルファスシリコン TFT を置き換えている-自動車用ハイエンド モデルの液晶パネル。現在、ジャパンディス プレイとシャープは、低温ポリシリコン TFT 液晶、IGZO TFT LCD 自動車用パネルの供給を支配します。


上一条:5 月に 6.5% の毎月の成長を掲示される大型液晶パネル出荷 次条:Компания 3Doodler ПредставилаКомпания 3Doodler Представила Профессиональную 3 D ручку