Foxconn、韓国半導体、ディスプレイ産業の新たな脅威として浮上

- Aug 21, 2017 -

世界最大のIT機器サプライヤーであるFoxconn社は、韓国の半導体およびディスプレイ産業にとって最大の脅威となっています。

業界関係者によると、FoxconnはSharp in JapanとToshiba Memoryの買収により、一般的なIT企業に変身する計画を守っている。 Foxconnの会長Terry Gouが最近発表したFlying Eagle戦略は、この青写真に基づいています。 フライングイーグル戦略は、米国の技術と中国の製造工場との相乗効果を最大限に引き出すために、IT業界で最も強力な選手になることを目指しています。

この目的のために、Foxconnは、製造業を復活させる米国と積極的に協力しています。 同社は、雇用を創出することにより、米国におけるトランプの背後を傷つけ、東芝メモリの買収などの大きな問題へのアメリカの影響力を利用することを計画している。 Foxconnは7月、ウィスコンシン州のLCDパネル工場に100億米ドルを投資する計画を発表した。 ウィスコンシン州は、Foxconn工場に対して30億米ドルの減税措置を実施した。 フォックスコンはまた、ミシガン州の自動車に引き続き投資することを決めた。 Foxconnの動きは、人件費が高い場合でも、米国との新婚旅行を強化するための明白な求愛です。 雇用創出に傾いたトランプ政権は、Foxconnの投資を歓迎すること以外に選択肢はない。

問題は、Foxconnが、これらの動きの真っ只中に韓国企業を抑えたいという意向を公に示していることです。

とりわけ、Foxconnは、SK Hynix同盟が東芝のメモリを買収するのを阻止し始めた。 もともと、SKハイニックスは東芝から優先入札者に選ばれ、東芝からNANDフラッシュ技術を獲得する一歩近づいた。 しかし、Foxconnは、SKハイニックス同盟が東芝の株式を取得することを要求した。なぜなら、SKハイニックスの同盟が株式を引き継ぐなら、NANDの市場シェアは50%を超えるからである。 買収競争が予期しない方向に向かうにつれ、状況は複雑になっています。 東芝は、SKハイニックスとは別にWestern DigitalとFoxconnと交渉する姿勢を変えた。 「Foxconnが東芝メモリの買収に成功し、チキンゲームのような投資をすると、メモリ半導体市場は深刻な混乱に陥る可能性がある」と業界関係者は述べた。

Foxconnの液晶ディスプレイなどのディスプレイへの積極的な投資は、Samsung Electronicsなどの韓国TVメーカーにとっても脅威である。 中国のLCD工場に投資することに加えて、Foxconnはすでに中国と台湾の大型LCD工場を持っています。 さらに、FoxconnのLCD TV市場シェアは、強力なディスプレイプレーヤーであるSharpを買収した後、今年の第1四半期の9位から第2四半期に4位に上昇した。 近年、日本ディスプレイの買収を目指しながら、有機EL(有機発光ダイオード)事業や液晶事業に参入しようとしています。

さらに、Foxconnは、医療機器、産業大データ、クラウドおよびセキュリティ事業などのあらゆる方向で事業を拡大しています。 Foxconnの技術はまだ韓国企業のそれに比べてはるかに低いが、Foxconnは膨大な資金と政府の支援のために大きな脅威になる可能性がある」と述べた。

 

0_97.jpg



上一条:LenovoソフトウェアのダウンロードK8 NoteСДойнойКамерой 次条:Leonardo RussoDesarrollóモビリティランチャー