OLEDディスプレイはAMATの将来の収益の触媒として機能するか?

- Aug 16, 2017 -

AMATのディスプレイ部門

アプライドマテリアルズ(AMAT)は、半導体システム市場でLam Research(LRCX)とKLA-Tencor(KLAC)にシェアを失っています。 しかし、家電製品がLCD(液晶ディスプレイ)からOLED(有機発光ダイオード)に移行する中、ディスプレイ市場でのプレゼンスを拡大しています。

AMATのディスプレイ部門は、化学蒸着や物理蒸着、アレイテストなどの製品を提供し、サムスン(SSNLF)ディスプレイやLGディスプレイなどのディスプレイメーカーは、OLED製造における大きな技術課題を克服するのに役立ちます。

ディスプレイ部門の収益

AMATのディスプレイ売上高は、2Q17年度で前年比で2倍以上の3億9,100万ドルとなりましたが、OLED市場における供給の制約から、順次ベースで7.3%減少しました。日本のCanon Tokkiは、需要の増加に対処するのが難しい。 同社が生産能力を拡大するにつれて、制約が緩和され、OLED市場は大きな成長を遂げる可能性がある。 これはAMATのディスプレイ収入を大幅に増加させるでしょう。

その間、ディスプレイ部門の弱さは、売上高のわずか12%を占めている半導体システムおよびグローバルサービスの強みにより相殺されています。

weekly news report 8.7-8.11.png


上一条:Zapatillas Deportivas Con Pantallas LCD 次条:すべてのコントローラ - КольцоВсевластияГеймпадов