警告光は、液晶価格で大きな低下について

- Aug 29, 2017 -

韓国を代表するIT(情報技術)輸出産業の1つであるLCD(液晶ディスプレイ)産業は、今日、揺れ動いています。 昨年3月から約30%伸びた平均液晶価格は、6月末にピークを迎え、下落を始めた。 LGディスプレイと三星ディスプレイ(世界No.1、No.2ディスプレイメーカー)は、今年末までに価格が20%低下し、本格的な負のスパイラル。


台湾市場調査会社WitsViewによると、8月初めの液晶テレビパネルの平均価格は、前月の194.4ドルから2.4%に低下した。 最先端の65インチUHD(超高精細)LCDパネルの価格は、6月の436ドルから今月422ドルに3.2%減少すると予想されている。 ディスプレイ産業の関係者は、「平均パネル価格が1四半期当たり3ドル以上下落すれば、それはスキッドにあると考えている」と述べた。 IUSの調査によると、最近の報告書では、「LCDパネルの不振により、下期にLCDパネル価格が15%から20%下落するだろう」と指摘した。昨年は状況が大きく変わった。


需要の減少と出力の増加は、両面からLCDパネル価格を圧迫している。 LCDパネルの需要の約40%を占めるテレビ市場は高まっています。 「HISは今年1月に1億9,900台のLCD TV出荷台数を見込んだが、5月には1億9,300万台に、7月には1億8,100万台に下げた」とHN投資証券研究員のコ・チョンウ氏は述べた。 今年下半期にテレビ需要を導いた中国のテレビメーカーが在庫を削減するという噂も、LCD価格の低下に影響を与えているという噂がある。 主流のスマートフォン画面としてOLEDパネルが増えており、LCD業界にとっては負の要素であるタブレットやモニター用のディスプレイとしてOLEDパネルが採用されています。


供給面では、BOEやCSOTなどの中国のディスプレイメーカーによる生産の拡大が価格を引き下げている。 2014年には、BOEのLCD TVの生産は年間1715万台であったが、2年間で4385万台に拡大した。 CSOTはまた、同じ期間に2,400万台から1,000万台以上の出荷を増加させた。


weekly news report 8.21-8.25.jpg


上一条:日本ディスプレイНамеренаСократитьШтатНа30% 次条:Zapatillas Deportivas Con Pantallas LCD