Digitimes Research:大型パブリックディスプレイ製品の需要が拡大

- Sep 05, 2017 -

大型公共ディスプレイやデジタルサイネージ製品の世界的な需要は、新しい人間と機械の相互作用や小売モデルの登場や様々な政府によるスマートな都市の開拓の推進により、 Digitimes Researchによれば、

一方、ディスプレイ製品のスプライシング技術の急速な発展は、大型液晶パネルの新たなビジネスチャンスを創出するウォールディスプレイユニットの需要を引き出すためにも働くであろう。

32インチ以上のパブリックディスプレイ製品の世界出荷は、2017-2021年の間に12%のCAGRで成長すると予想され、出荷台数は予測期間の最後の年に700万台に達すると、Digitimes Research 。 AUオプトエレクトロニクス(AUO)、サムスンディスプレイ、LGディスプレイは、大型パネルのトップ3のサプライヤーとして機能します。

大量の大型LCD TVパネルは、B2Bチャンネルを通じて販売され、ホテル、企業、小売業などの公共のディスプレイ画面として使用されます。 このような大型B2Bパネルの出荷台数は、2021年には400万〜500万台に達する見込みです。

IoTや大型データ産業の台頭により、新しいアプリケーションを開発する必要性が指摘されている一方で、一般的なPCおよびTV市場が成熟したため、フラットパネルメーカーはパブリックディスプレイ市場での展開を大幅に強化することが推奨されています。

weekly news 8.28-9.1.jpg

上一条:日本ディスプレイНачалаПроизводствоLTPS LCD-экрановДляАвтомобилей 次条:フルカラービデオ対応電気泳動ディスプレイGo East