新しい列車のLCDディスプレイがサビスに入ります

- Apr 17, 2017 -

ITプロジェクトマネジャのクマラクルバラン(41歳)は、昨日午前8時半ごろ、釜山(Bishan)倉庫を出て、オレンジ色、赤色、黒色の装飾を披露した新型SMRT列車に乗った人たちの一人でした。

これは2019年までに老朽化した南北および東西線に最終的に追加される57の新しい列車のうちの最初の列車です。

彼らには、新しい信号システムとLCDディスプレイボドが装備され、今後の停留所、近くのアトラクションとその最も近い出口のリスト、安全メッセジなどの情報が表示されます。

MRTのYishun駅に乗っていたKumarakurubaran氏は、新しいLCDディスプレイをより使いやすいものとして説明しました。

新しい列車には、2つの中間車にある車いすエリアのために、より明瞭なマキングが付いています。

現在の120秒ではなく100秒間隔で列車を走らせる新しい信号システムの終日テストは、日曜日に行われ、その1回目も昨日始まった。

2カ月間続くと予想される日曜日のテストは、サビスの最後の1時間に3月28日に始まり、最後の木曜日に終了した平日テストに取って代わります。

平日のテストでは、新しいシステムに切り替えるために列車サビスが10分間停止されました。

しかし、テストの次の段階では、日曜日にサビスの開始から新しい信号システムで列車が運行されます。

昨日は終日テストがスムズに終わった。

この試行の結果は、新しいシステムがいつ完全に実装されるかを判断するのに役立ちます。  


週刊ニュス4.10-4.14.jpg


 

 


上一条:Fluke Presenta ElMultímetroデジタル用語集Con Pantalla LCD 279 FC 次条:中国の企業が世界の液晶市場におけるシェアを拡大