IHS は言う、2016 年に液晶市場を圧倒するには、供給過剰

- Sep 02, 2016 -

東京、日本(1 月 26 日 2016)-中国の積極的な投資によって生産能力だけでなく、fab 使用率が高い ― ― 悪化 - 液晶ディスプレイ (LCD) 供給過剰の進行中の問題は 2016年にも継続されます。大面積液晶の供給が期待されるによると 14% のより大きい要求、2016 年に最大 12% から 2015 年に株式会社 IHS (NYSE: IHS), 主要なグローバル情報源の重要な情報と洞察力。


中国液晶サプライヤー高生産目標を維持し、スタートアップやインフラストラクチャのコストの中国政府の補助金のおかげで一部の容量を拡大します。その一方で、通貨価値の下落と経済回復の遅れのため、期待どおりに、ロシア、ブラジル、その他新興国の液晶テレビ需要は、ない成長しています。

「パネルの価格は、メーカーの損益分岐点が、2015 年の第 4 四半期に達した程度に減少している」と述べた田村義雄 IHS テクノロジーのディレクターが表示されます。. 「新興国の通貨価値の低下、のため高い価格液晶テレビの需要回復されません 2016年年。それでも、中国パネル メーカー予定はありません意味する大面積液晶メーカーは、2016 年に赤になります、市場シェアを拡大するすぐにいつでも fab 使用率が低下する。"

中国液晶サプライヤーが IHS によると 2016 年の途中で fab の使用率を調節すると予想します。需要供給 andamp; を表示します。装置トラッカー,液晶の供給過剰は 2017年の 2 番目の半分に緩和されます。「中国メーカー 2016年内 fab の使用率が低下しない場合もありますさらに大きなマイナスの影響世界の液晶メーカーの利益率に、「田村さんは言った。


上一条:OLED ディスプレイ製造を加速します。 次条:無