Prueba 川崎 J125 SE 2016: ヌエボス ・と

- Sep 13, 2016 -

Dos años después ・ デル ・ lanzamiento ・ デル ・ J300、川崎 amplía su oferta ciudadana コン国連スクーター デポルティボ ・ デ ・ 125 cc imagen y semejanza ・ デル ・ 300。エル objetivo パサ por luchar en el メルカード ・ デル ・菊判・ デ ・ litro、エル más competido y numeroso ・ デ ・ nuestro país、con 国連プリモデロ ・ デ ・ エントラーダ que amplíe とパラ ラ モミ ・ デ ・明石。



J125、国連 scooterfabricado imagen y semejanza ・ デ ・ su ビッグブラザー市長、エルJ300con el que comparte シャーシ、carrocería y multitud ・ デ ・ エレメントス ・ デ su parte デ ciclo コモ ラス suspensiones o エル equipo ・ デ ・ frenos。エル acuerdo iniciado hace dos años con la モミ asiáticaKYMCOse mantiene en エステ ・ プリモデロ, con una plataforma デ trabajo 日焼け conocida com
o ラ delSuper ディンク 125。

コン esta「忍者アーバナ」ラ マルカ nipona、consciente デ ラ tendencia デ ロス consumidores fidelizarse コン una マルカ、pretende posicionarse en el mercado con 国連プライマー escalón デ acceso パラ aquellosusuarios コン カルネ ・ デ ・ cocheque buscan 国連スクーター de calidad コン cierto トーク デポルティボ パラ sus desplazamientos urbanos diarios。

プリメーラ vista la calidad デル conjunto ラマ ラ atención、reflejada en ロス acabados y ún コモ ラ cerradura conbloqueo magnéticoo ラ solidez デ トドス ロス プラスチック que conforman su carrocería、aportando además pequeños ún que nos harán el día、día mas 容易コモ latoma 12 v ・ デ ・ デントロ デ ラ pequeña guantera (罪 llave)、elgancho ・ ポルタ ・ objetosretráctil integrado en su contraescudo、laluz ・ デ ・ cortesíadeLEDen エル フエコ バホ asiento o lacerradura ・ デ ・ seguridadpara la llave デお問い合わせ。

ウノ ・ デ ・ ロス エレメントス ・ que seguramente más horas lleve detrás デ sudiseño es エル asiento、muy cómodo ser excesivamente voluminoso y コン ウナ dureza que en 国連プライマー インスタンテ nos puede parecer excesiva ペロ que agradeceremos transcurrido 国連ティエンポ罪を犯します。Aúnacomodidad y funcionalidadya que、ウナ vez abierto su リゾート hidráulico lo mantiene elevado permitiendo albergaren su インテリア国連カスコ積分 además ・ デ ・ ウナ mochila o 国連カスコ ジェット。

ラ carrocería インテグラ エレメントス ・ que nos permiten reconocer エル「エスピリト忍者」デ ラ マルカ コモ ラ doble óptica delantera o エル ファロ trasero con ディゼーニョ ティーポZ800.Siguiendo コン ラ estética que アルゴリズム アプリオリ puede parecer 日焼け平凡なコモ ラス dos endiduras que estrechan ラ plataforma en su parte 後部フスト debajo デル asiento、se 韓 concebido パラ facilitar ラ maniobrabilidad en パラド permitiendo llegar コン ロス ドス パイ アル suelo más fácilmente。

Laprotección aerodinámicaes ブエナ en piernas y 胴、pudiendo mejorarse アン ラ parte 優れたメディアンテ リバデオ una parabrisas elevado que encontraremos アン suextenso catálogo デ accesoriosque también incluye エンドタブ トップ ケース コン distintas capacidades y protecciones térmicas パラ puños y piernas。

ウナ vez ロス マンゴー、volvemos のセンティール que se trata ・ デ ・ unproducto ・ デ ・ calidad、con エレメントス ・ ド「モト グランデ」コモ susmanetas regulablesen distancia o lacompleta instrumentacióncompuesta por doble リロイ analógico y pantalla centralLCDque nos インフォーマ デ ラ マスコンクリート ・ デル ・ モーター、可燃性ィプロマ レベル ・ ド ・ kilómetros totales/parciales y ラ ホラ。En ロス primeros 地下鉄 transmite ミュシャ"voluminosidad"パラ tratarse デ国連 125、una sensación se va desvaneciendo、いずれは切り替える que recorremos ロサンゼルス primeros kilómetros グラシアス ラ sintonía ・ デ ・ medidas ・ デ ・ sus ruedas (14 pulgadas パラ ラ delantera y 13"パラ ラ trasera) y lacalidad ・ デ ・ sus suspensiones (horquilla con バラス ・ デ ・ 37 mm y doble amortiguador con シンコ posiciones de precarga) の sucorrecta distribución ・ デ ・ ペソ。

En el apartado デ ロス frenos 川崎で vuelve confiar en el conjunto que monta su ビッグブラザー市長、エルJ300、manteniendo 国連 buen タクト con un mordiente más que suficiente パラも抵抗コン seguridad エステ J. パラ エッロ dispone デ undisco lobuladode 260 mm しよう y ・ デ ・ 240 mm detrás、conlatiguillos metálicosy pinzas デ doble pistón、ofreciéndonoscomo opciónla posibilidad デ mejorar en seguridad su frenada con unABSfirmado por ボッシュ muy compacto y 田。

クアンド circulamos バハ サーキット suamplio ラジオ ・ ド ・ ジロ y su correcta distancia デル asiento アル suelo (77,5 cm) nos や maniobrar con agilidad y seguridad エントレ エル tráfico ウルバーノです。Esta característica se combina アラ perfección コン ラ rápida 動き・ デ ・ ス insinuaciones ・ デル ・ acelerador que, además, クエンタ コン ラ progresividad デ国連 variador diseñado expresamente パラ sacar エル トップデラ partido sus 14, 4 CV ・ デ ・ potencia モーターです。罪ドゥダ ラ orientación デ エステ スクーター es * claramente urbanitaya que en vías ・ デ ・ circunvalación o largas distancias ラ サーキット máxima que desarrolla、unos105 110 km/h。

Laposición ・ デ ・ conducción es cómoda、コン ウナ アルチュラ デル manillar que nos や mantener ラ espalda レクタ en todo モメント y las piernas cuentan コン bastante エスパシオ エントレ エル asiento y エル contraescudo。ラ distancia エントレ ・ エル asiento y ラ plataforma sobre la que apoyamos ロサンゼルス パイ sí 私 pareció 国連 poco escasa、obligando、elevar ラスベガス rodillas por encima デル nivel デル asiento。

Elpasajerocuenta コン ・ ウナ cómoda プラザ trasera enmarcada por dos amplias asa、ラス que agarrarse y コン全米 estribos desplegables que permiten、nuestro acompañante llevar ラス piernas en una posición muy 自然。


上一条:京セラは、産業アプリケーション用の新しい 5.7"液晶ディスプレイを提供しています。 次条:純粋な輪郭 100Di レビュー