SEL は、LCD や OLED のハイブリッド スマート フォン画面を示します

- Nov 24, 2016 -

日本のディスプレイ メーカー、半導体エネルギー研究所 (SEL) は、一緒に高コントラストと屋内では、色の品質を作成する OLED と液晶技術を組み合わせた 4.38 インチ ハイブリッド ディスプレイを開発しました。よると宛先 日経 TechnologyandEE Timesreport。

最新の SID 会議中は、研究室は、TR ハイブリッド表示、T が反射型 LCD 用透過型 OLED と R の略を表示されます。

2 つの表示された 1 つのモードから別に交換する画面を有効にするのに絡み合って物理的にどのように覆われて日経技術を報告しました。OLED ディスプレイ部は反射型 LCD の背面に位置して、その発光は反射電極の一部カット、穴を通して送信されます。反射形 LCD や OLED の表示は、それぞれ絞り比 76% 3.9% と個別に駆動されています。

ディスプレイの生産技術には、フレキシブル OLED 表示、キャリッジのためのガラス基板の剥離層を適用することによって、レポートによると、その上に Tft が形成されるため剥離技術を使用して SEL が含まれます。下発光 OLED デバイスの TFT 側に光を抽出する形成し、平坦化膜で覆われて、それの上にガラス板を置きます。

その後、剥離層が分離されている、ガラス基板が削除されます。最後に、カラー フィルター基板 (ガラス基板) なし TFT 側に接続されているし、液晶材料を注入します。

画面サイズ、画素数、プロトタイプのディスプレイの解像度は 4.38 インチ、1,024 x 768、292ppi、それぞれ。詳細は、日経レポートを参照してください。

上一条:サムスン社の SCX-3405FW レビュー 次条:В Такси Дубая Появится Бесплатный Wi-Fi Уже К Декабрю 2016